header
ホーム カボコン工法 エポガードシステム CSCシステム アイゾールEX 会社概要
カボコン工法
   HOME > CABOCON工法

カボコンとは?

カボコンイメージ
宇宙関連素材や航空機の構造材、ゴルフクラブでもお馴染みの「炭素繊維」を用いた、まったく新しい補強・補修の技術です。炭素繊維は、鉄の約10倍相当の引っ張り強さを備え、また質量は鉄の約1/40(同強度比)と非常に軽いのが特徴。私たちはこの炭素繊維の集成板を高性能エポキシ樹脂接着剤によって母材に接着する本工法により、従来の作業にかかっていたコストを大幅に削減することを可能にしました。
延命を容易に
スクラップ&ビルドの考え方は、環境への意識が高まる中で見直されるべき優先課題となっています。補強・補修を飛躍的に容易にするCABOCON工法なら、これまで手をこまねいていた構造物のパワーアップ・延命も実現。地球環境の課題解決に結びつけられます。
コンクリート
構造物の種類を問わず、あらゆる場面で活用できるのも、CCFP-CABOCONならではの性能。高速道路やビルなどのコンクリート構造物や鋼構造物などに抜群の補強効果が得られます。鋼板では補強・補修が難しかった構造物も、最大限に延命させられるようになりました。
 
施工手順は、わずか3ステップ
ステップ1
ステップ1 下地処理
ステップ2
ステップ2 ccfp-cabocon接着
ステップ3
ステップ3 仕上げ

 

タイトル 吊り橋の補強
タイトル  橋梁
CABOCON工法では特殊構造である吊り橋の補強においても、その機能を損なうことなく補強することが可能。(主塔・ケーブル等の照査は不要)
今までは補強が行えなかった箇所もCABOCON工法では補強可能。
吊り橋
橋梁張出床版補強
タイトル 橋梁桁
タイトル 製油所
補強による荷重増加もほとんどなく、短期間での施工が可能。
限られた作業時間、狭小な場所で、火気厳禁の作業環境下においてもCABOCON工法では補強を行うことが可能。
橋梁桁
製油所
先頭へ
ポイント1
ポイント2
ポイント3
ポイント4
ポイント5
photo1
photo2
photo3

 

タイトル 強度比較
図面1
タイトル 使用度
図面2
先頭へ
HOME CABOCON工法 エポガードシステム CSCシステム アイゾールEX 会社概要 お問合せ サイトマップ  
Copyright© 株式会社 カボテック All Rights Reserved.
お問合せ サイトマップ HOME home お問合せ サイトマップ